【100均】アクリルスタンドカバーを作ってみた(飾り方)追記

こんばんは。今回は以前に記事にした、アクリルスタンドカバーの
補足をお伝えしようと思います。

【100均】アクリルスタンドカバーを作ってみた(飾り方)
こんばんは、本日は短くなってしまいます。申し訳ありません。実は本日、かなり精神的にクることがありました...

今回は、さらに小型のアクリルスタンドカバーカバーを作成したので、

その作り方を紹介します。

アクリルスタンドカバーの作成

作成の注意点

作成の流れは以下の通りです。

隣に飾るときは、高さや向きをそろえよう。

今回は、この東北三姉妹を使用します。

画像の通り、高さはきりたん(アホ毛)。横幅はずん子の御髪が一番広いです。

つまり、今回はきりたんが入る高さのカバーを
3つ用意する必要があります。

※ずん子の横幅はA7の軟質カードケースを使用しました。

 

 

カバーをかぶせた時の大きさを意識する。

アクリルスタンドカバーにかぶせるので、実際の内側の寸法より
さらに大きく、余白がある様に切り出します。

画像のように、意外とアクリルスタンドカバーの厚みが邪魔をして、
軟質カードケースの端まで入れることがむずかしいのです。
無理に入れるとカバーに傷がつきます。

ですので、縦と横に余裕(遊び)を設けないといけません。

 

 

 

 

足場を外し、実際に入れてみました。接着を考慮に入れて、大体 1cmほどで切り飛ばします。

 

 

次に、bondic evo(ボンディック エヴォ)で張り合わせます。

内側を張り合わせたのち、一度硬化させ、さらにフチをもう一度塗り、
樹脂を固めてしまします。

 

 

完成

こちらが完成したものです。側面は内寸で3~4mm、高さは10mmほど
余裕を持たせました。

三姉妹並んで。イタ子、きりたんはB8サイズ。
ずん子は御髪がのり付けに干渉するので、A7サイズで作成しました。

やはり少し、イタ子には大きいですが、カバーの高さをそろえると
一体感があって良いと思います。

 

 

 

こちらは、弦巻マキと桜乃(はるの)そらです。

透明度もなかなかで、あまり気になりません。

今回は、サイズがなかったため自作しましたが、
アクリルキーホルダーのカバ―など、市販のものを使用すると
もっと見栄え良くなるかもしれません。

ですが、100円で複数枚のケースが作成できるうえ
汚れた際に安価かつ簡単に作成できるので、

コスパはかなり高いのではないかと思います。

いかがだったでしょうか。

前回の記事が、少し説明不足のような気がしたので、
今回は少し詳しく書いてみました。

――まあ、公式ストアで、アクリルでイラストを挟み込むように作って貰えれば、
こういったことをする必要もないのですが・・・・・・

そうなると、値段も倍以上になってしまうんですかね。

フィギュアが作成されないキャラは、世知辛いですね・・・・・・

今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました